FC2ブログ

エイプリルフール2018

どうも、野々浦です。

私のオリジナルキャラクター「北村」が
バーチャルラジオパーソナリティーとして活動することになりました。








という騙す気ゼロのです。
エイプリルフール2018~!パチパチパチ



いつだか:地回のフラッシュゲー嘘ページ
 騙す気ゼロのクソ突貫工事

2014年:のっとえれ!
 ボツ乙ゲーとボツホラーノベルゲー詰め合わせ
 ボツっていうレベルではない

2015年:伺か 山田と小島
 デスクトップマスコット企画

2016年:札幌オールジャンル参戦!
 嘘お品書きを描いただけ

2017年:1週間前に気付いたのと私生活ごたごたで見送り

2018年:えれVtuber企画
つべ風画像で終えていますが、本当は動画つくるつもりでした。


特設ページはすべて残してあるので暇だったら見てね。
「エイプリル」で記事検索すると当時の記事が出ます。
毎年嘘としてのクオリティはものっそい低いです。



さて、長くなるのでたたみますが
続きは製作日記的なやつです。
解説ではなく自分がどうやったか、どう思ったかを残したものです。


では!






発端は2月。
作業予定や発売日等をカレンダーにまとめていて
4/1の存在を思い出しました。

通退勤や入浴時にネタを色々考えていたのですが、過去に
「えれが3DSにやってくる」(mii)
「えれがPCにやってくる」(伺か)
をやったので、今年は流行りのVtuber系で行こうと思いました。

ちなみにVtuberはシロのプレイ動画を2つほど見たことがあります。
あとはツイのRTで回ってきたものとか。
のじゃロリおじさんの一番最初の動画もニコニコで見て
色々な意味で「すごい……」ってなりました。



キャラクターが山田or小島じゃないのは
髪揺れを考えると女性が良かったのと、
Vtuberといえば可愛い女性がつよいからです。
野々浦家の女キャラといえば杏なのですが
彼女は可愛くないので。
(画力の問題ではなく、描く側の心構えの話です)



Live2Dで動かすぞ~!
UTAUにHANAさせるぞ~!
どっちもやったことないけど!!と勢いで作業開始。
なお、以降の作業は公式チュートリアルを参考にしています。



 1.まず絵を描く

さっそく北村を描きます。
何故Live2Dなのかというと
何度挑んでも3Dモデルは未だに作れないのと
作業期間が短すぎるためです。
(Live2DのVtuber団体?がいることは終わってから知りました)
Live2Dやえもふりは数年前から一度やってみたかったので
良い機会だと思ってウキウキで取りかかりました。

あんスタ、FEif、makeSと
Live2Dを使っているものをプレイしていたため
大体の仕様はわかります。
FEHも使ってると思ったのですがどっちのサイトにも書いてませんね…?

動きなし正面絵のため、ほぼ左右反転+調整の手抜き。
完成した絵からパーツ分け・描き足し作業が普通なのかもしれませんが
何かあったら困るので、線画の時点で少しレイヤー分けてました。



 2.パーツ分けしたpsdを用意

パーツの上下を考え、フォルダ等でわけたり
線画と塗りレイヤーを合成したり、切ったり足したりします。

Live2D対応絵は単価上がって当然だわ
とかひとりで考えてました。
パーツ分けを別人に発注するのもわかる。

パーツ分けしたものがこちら。

キャプチャ
この画像にはありませんがまぶたの肌色も用意しました(後述)

目を複数と口も用意しましたが本来は不要です。お好みで。



 3.動かす下準備

パーツにアートメッシュを割り当て、変形できるようにします。
こんなん。

キャプチャ

オートで振ってから手動で手直し。
綺麗な三角ができていると動かしやすいようです。
無料版はメッシュのコピペができないためめちゃくちゃ手間です。
とりあえず外側を囲ってから中心を打って
なるべく左右対称を意識してカチカチしました。

あとから編集できるのでとりあえずここまで。
キャプチャ2
ヒエッ



 4.モーションをつける

まばたき、口パク、髪や体の動きなどをできるようにします。
パラメータというそうです。

習うより慣れろタイプで今までのソフトすべて使ってきた野々浦ですが
チュート動画サンプルモデル検索参考にしたうえで理解できず
できるようになったのはこの作業入ってから3日後くらい。
しかもまぶたの塗りとか必要なパーツが増え、
色々あってメッシュ割り当てを全てやりなおすハメになりました。
片目のまばたきを理解してからは割とスムーズに。

無題

青線でかこったところ、0.85がデフォルトの目の開き具合で
この赤丸を左にもってくと目を閉じ、右にもってくと見開きます。

今回の自分の場合は
閉じた目(別に描いてあるやつ)→ちょっと変形→
開いた目を閉じた形に変形しかけてるやつ→開いた目
って感じにパラ振ってあります。


上の画像で赤色の丸、デフォーマという複数パーツを一括で動かせるやつ等を使い
首を傾げたり髪をなびかせたり腕を動かしたりします。
1パーツに割り当てられるパラメータは2つ(PROは3つ)までのようですが
デフォーマを使うことでまた新たに2つパラメータがつけられます。
私はまばたき時にも目玉にパラメータを割り当ててるので詰むところでした。

閉じ目の変形(笑⇔閉)、口の変形(笑⇔怒)、全身の傾きは
やり忘れてたし時間ないので飛ばします。
パラメータで色々動かしてみると、パーツの塗り足しが甘い部分や
伸ばしにくいところなど出てきます。
これは慣れるしかないですねー。



 5.HANASU

どうやらリップシンクという高度な技術があるようなので
先に声作ろうと思います。
こんな企画に同人声優さん雇うわけにはいかず
自分の声?一番ないwwwwwwwwwwwwwww
というわけで我等がUTAUに頼ります。

「唄詠」を入れたsoftalkにてUTAUに喋ってもらうのも考えたのですが
やっぱり自分で調整したかったのと、
視聴の時点で音が出ずわからなかったため辞め、
ウチにいた「吟音テイ」ちゃんをお借りして話させることにしました。
いわゆる「HANASU」です。
UTAUカバー完成させたことないのにです。

拡張ピッチエディタ」というUTAUプラグインをお借りしてやっていきます。
連続音はこのお方の「連続音一括設定」プラグインを
お借りしてUTAわせていました。

作品を発表したことはないものの、操作には一応慣れています。
Quantizeは「L64 64分音符」
Lengthは「L16 16分音符」
歌詞欄に喋らせたいことを打ち流し込み、
このプラグインでグリグリとピッチいじります。
Tempoは120でしたが、リップシンクと合わせてみると
早かったので105ほどに落としました。

ですが時間がなかったので諦めました。
とりあえず口パクだけ作り
音声は字幕でいいやスタイルに。



 6.モーションをつなげる

パラメータを組み合わせてアニメーションさせます。
動かしたい時間に合わせたらパラメータを動かすだけです。
だけとかいってとてもめんどくさい…これも慣れです!!

キャプチャ

パラメータにない動きは使えません。
このシーンでだけ変形とかできないと思います。たぶん。

この時点で4/1の1時半だったので


呟いて、プロフ等を北村仕様にして寝ました。


結局終わりそうになかったため
Youtubeサムネ風画像を作ってエイプリルフール終了。







甘めに見込んだスケジュールのとおりに
作業できないのは毎回の反省点。
スプラやソシャゲもそうですが寝落ちひどかった。
いつも3時間睡眠とかなので
4月からは少しづつ睡眠時間意識したいところ。


Live2Dのライセンスは1年で1.5万円らしいですが
お絵かきソフトもそうですけど、私が有料ソフト使わないのは
見合っただけの創作ができないからです。
質もそうなんですけど、量のことです。
これからウディタでのゲーム製作も控えてますし…
あくまで今はね!数年後はわからん。


作業中に検索かけてたら
あんスタのLive2Dの記事が出てきました。
なるほど面白い。あれば次回の参考にしよう。



というわけで、Live2Dの基礎的な使い方は覚えました。
また今度時間があれば何かに使ってみたいと思います。
絶対忘れるのでメモ:
スペース押しながらドラッグで手のひらツールになるぞ!



では!


たまに思うけど、見出しとか自分好みに設定したやつ使いたいし
ブログのCSSもそのうちいじらねばだなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野々浦

Author:野々浦
野々浦/社会人
好きなこと色々やってます。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる